マガジンのカバー画像

テックブログ

9
pNのエンジニア・開発メンバーによる技術ブログです。
運営しているクリエイター

記事一覧

trocco®開発ログ 2022/05「転送先にZoho CRMを追加、他」

マネージド ETL&ワークフローサービスの trocco® を開発している primeNumber社エンジニアの上原です(自己紹介記事)。trocco® はデータエンジニアの方々の様々な手間を削減し、より価値ある業務に集中していただくためのプロダクトです。BigQueryなどを中心にした分析基盤構築をサポートします。 今回は trocco® で2022年の5月にリリースした機能をいくつか紹介します。 trocco® とは?https://trocco.io/lp/inde

スキ
5

trocco® の品質を守る、とても普通な取り組み

こんにちは。マネージド ETL&ワークフローサービスの trocco® を開発している、primeNumber CTO の鈴木(@kekekenta)です。 trocco® はデータエンジニアの方々の様々な手間を削減し、より価値ある業務に集中していただくためのプロダクトです。BigQueryなどを中心にした分析基盤構築をサポートします。 昨年、Series B の資金調達を終え、より多くのお客様に価値を提供するべく trocco® の開発を進めております。 2022/06

スキ
5

trocco®開発ログ 2022春「Snowflakeデータマート、データカタログ他」

マネージド ETL&ワークフローサービスの trocco® を開発している primeNumber社 CTO  の鈴木です(自己紹介記事)。trocco® はデータエンジニアの方々の様々な手間を削減し、より価値ある業務に集中していただくためのプロダクトです。BigQueryなどを中心にした分析基盤構築をサポートします。 昨年、Series B の資金調達を終え、より多くのお客様に価値を提供するべく trocco® の開発を進めております。 面接の場などで「trocco® のエ

スキ
6

副業からの転職ってどんな感じ?~primeNumberの場合~

 こんにちは!primeNumber広報・採用担当の村島です。  リモートワークや働き方改革も定着し、自分の時間を確保できるようになった今、副業を始めようという人もどんどん増えてきています。 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO72723390Z00C21A6000000  収入アップの手段として副業を活用したり、 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO72858600U1A610C2000

スキ
7

CSチーム立ち上げと同時期に発足した、SREチームで取り組んだこと

※本記事は2020年10月30日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています  こんにちは。  troccoのSRE兼エンジニア兼CSを担当しております百々と申します。  前回は「CS経験0のエンジニアがCSチームを立ち上げるまで」というタイトルでCSチームの立ち上げの話をさせていただきましたが、実はCSチームが生まれたタイミングとほぼ同じくらいにSREチームも立ち上がりました。本日はSREチームの取り組みの概要をご説明出来ればと思います。 概要 まずtrocco

スキ
7

ワークフロー機能を2ヶ月でリリースした話

※本記事は2020年10月9日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています こんにちは。 troccoでソフトウェアエンジニアを担当しております中根と申します。 本日は、私が開発リードを担当しましたワークフロー機能をリリースするまでの過程についてご紹介します。 経緯ワークフロー/ジョブ管理といえば、Aiflow(CloudComposer), Digdagをはじめとして多くのOSSやサービスが存在しますが、デファクトとまで言えるようなものはまだないのが現状と思われま

スキ
12

CS経験0のエンジニアがCSチームを立ち上げるまで

※本記事は2020年9月15日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています  こんにちは。  troccoのSRE兼エンジニア兼CSを担当しております百々と申します。  本日はエンジニアがCSチームを立ち上げる上で気をつけたポイントをご紹介いたします。  背景 弊社では今年の1月からクライアント様とのコミュニケーションを強化するためにCSチームを立ち上げることとなりました。その当時trocco®のSREやエンジニアを担当してぬくぬくと開発をしていた私ですが、何とか

スキ
7

リモート開発合宿を実施しました

※本記事は2020年5月21日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています CTOの鈴木です。 弊社では、年に数回の開発合宿を実施しています。 今回はGW前の2020年4月27日(月)〜5月1日(月)にフルリモートでの開発合宿を行いましたので、そのレポートを公開します。 開発合宿の目的過去の開発合宿を振り返ると、通常業務から離れて普段触れない技術を触ったり、新規事業開発を目指して短期間でモックを仕上げたりするなど、合宿のテーマはそれぞれでした。 弊社は事業のテーマと

スキ
5

trocco®︎におけるフロントサイドのリプレイス

※本記事は2020年3月17日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています エンジニアの中根です。 trocco®︎のフロントサイドのリプレイスを現在進行形で行なっているので、ご紹介させて頂きます。 背景trocco®︎のサーバサイドはRuby on Railsで実装されています。 これまでインフラ基盤へのkubernetesの導入などサービスのグロースに合わせた対応は随時行ってきました。 一方でフロントサイドに関しては、テンプレートエンジン直書きのJavaScri

スキ
6