個性を活かしつつ、先端技術に関わっていける(メンバーインタビュー マーケティングスペシャリスト 齋藤浩美)
見出し画像

個性を活かしつつ、先端技術に関わっていける(メンバーインタビュー マーケティングスペシャリスト 齋藤浩美)

株式会社primeNumber

こんにちは!primeNumber広報担当の村島です。

本日はマーケティングスペシャリスト 齋藤さんのインタビュー記事をお届けします。齋藤さんは、primeNumberを「個性を活かしつつ、先端技術に関わっていける」「自律心をもった個々人が、お互いを尊重する姿勢のもとに集まった、バランスのとれた集合体」と評価しています。

■ なぜprimeNumberに転職したのか

――転職しようと思ったきっかけは何ですか?

「個性的な同年代の仲間と楽しみながら挑戦できる環境、成長性あるプロダクトを求めて転職しました」

――primeNumberの選考を受けている最中、不安だったことがあれば教えてください。

「選考のスピードが速く、とても有り難かった一方、もっと多くのメンバーと話して社風を知りたいとも感じていました。そんな中、最終面接での質疑応答ではメンバーからの個性的な質問も飛んできました。私からの質問に対しても率直な回答をもらえたことで、一緒に働いてみたいと感じ、ジョインを決めました」

――primeNumberに入社を決めた理由を教えてください。

「主に3つあります。1つ目は『ヒト』。メンバーと一緒に働いてみたいと思ったこと。2つ目は『モノ』。trocco®️に関するコンテンツやツイートを確認し、確かなプロダクト力とデザイン力を感じたこと。3つ目は『未来』。今後キャリアを積む上で、primeNumberの扱う事業領域に対する深い知見を得ることが、自分にとってプラスになると考えました」

■ 仕事や働き方

――仕事内容を教えてください。

「現在はマーケチームでハウスリストへのメール配信、trocco.blogを通した事例とお知らせの執筆・更新を担当しています。その他、マーケコンテンツの拡充や日英翻訳などにも携わっています。マーケチームは現在拡大中。それぞれが才能豊かで優秀なメンバーです。面倒見もよく、転属したての私に飯田さん功刀さんが『何でも聞いてね』と気さくに接してくれ、とても嬉しかったです。また、性別にかかわらず、ワークライフバランスをしっかりとマネジメントしておられる方がほとんどの印象です」

――一日のスケジュールを教えて下さい。

09:00 マーケチーム会議 (出社もしくは在宅)
10:30 マーケ指標数値やData Engineering関係のニュース確認
12:00 Lunch
13:00 告知や御礼メール下案作成  
15:00 導入事例・ウェビナー制作関連のミーティング
16:30 マーケティグツール上の設定、翻訳など
18:00〜18:30 業務終了
Data Engineering Studyのある日はリアルタイム視聴をこころがけます。

大体このような具合です。

――仕事の面白い所を教えてください。

「コンテンツを受け取る相手方の立場や心理を考えて、どんな情報を伝えたら面白いと思ってもらえるだろうかと想像を膨らませるところです。英語を使う仕事についても、その世界のプロフェッショナルの表現をリアルタイムで体得しながら進めるので、自分の世界が拡がって楽しいです」

――仕事の大変な所を教えてください。

「まず、情報の鮮度を保つところです。データエンジニアリングのトレンドや新しいツールについて、今何に興味が集まっているのか、知っておく必要があると思っています。次に、何を伝えるかが決まっても、どう伝えるかという技巧の部分は奥が深く、いくら練習しても完璧は無いです」

――これからどんなキャリアを築いていきたいですか?

「primeNumberの事業を通して社会の役に立ちながら、ふりかえったときに納得できる『自分の道筋』を描いていきたいです。当社事業は海外展開を見越しているので、プロダクトとソリューションの魅力を世界に伝えていきたいです。また、私は多分メンタルインドア派なのですが、今は個人の情報発信力がものを言う時代なので、がんばって対外発信スキルを高めていきたいです」

■ primeNumberはどんな会社か

――primeNumberはどんな人が多いですか?

「主体的で行動力があり、同時に考える力も強い方が多いと思います。求められる目的を達成しつつ、他者を思いやる動き方も両立している点で、非常にスマートな方が多いと思います」

――primeNumberはどんな雰囲気の会社ですか?

「穏やかな雰囲気で、働きやすい環境だと感じています。個性を活かしつつ、先端技術に関わっていけるところは大きな魅力です。primeNumberは、自律心をもった個々人が、お互いを尊重する姿勢のもとに集まった、バランスのとれた集合体だと思います。私たちの価値観である8 Elementsの一つ、『Coprime』に通じるところだと思います」

――primeNumberの事業について、どう思うか教えてください。

「trocco®️もprimeNumberのメンバーもスマートで無駄がないのに、実は細部までこだわりのかたまりである点で、共通しているように思います。そして、primeNumberはデータ利活用のノウハウを伝えるワークショップ、データ分析基盤セミナーや、Data Engineering Studyによる情報発信と交流活動を定期的に実施しています。データ利活用文化の促進に積極的に取り組み、裾野を広くカバーしているところも魅力だと思っています」

■齋藤さんについて

――好きな8 Elementsを教えて下さい。

「入社前は『プロダクトを信じる』でした。スタートアップにはプロダクト力が最も重要な要素と考えていたからです。今この瞬間は『Coprime』だと思います。今は多様性が増していく時代だと思います。だからこそ、個々人の個性や興味を大切にしながら、社内外の方々と特性を掛け合わせ、提供できる体験の幅を広げて社会に貢献していけたらと考えています」

――趣味など、社外での活動で注力していることはありますか?

「いつも本を読んでいます。業務関連の書籍代は、事前承認の上会社に負担してもらえるので、大変助かります。その他、週末は英語・フランス語・韓国語を勉強し、必ずといっていいほどサッカーを観に行きます。昔はインプットで終わりがちでしたが、勉強なら資格試験、語学なら発話など、表現することを心がけたいと思っています」

――個人として大切にしている事・考え方はありますか?

「自由とユーモアだと思います。私にとって、自由という概念は大切です。自分が今どこでどう生き、何と向き合い、選ぶか、という奥底の部分は、何かに縛られるのではなく自分で決めていくものだと思います。誰かの損失の上に成り立つ自由は極力選びたくないですけれども……ユーモアも、生きていくうえではとても大事だと思います。ウェビナー一つとってみても、ただ淡々と説明されるより、説明者の人柄やちょっと意外な話などあった方が興味をひかれると思います。体験する上で、楽しい、面白いと思えることが大事だと思います」

――本日はありがとうございました!

「こちらこそ、ありがとうございました。色々な方とお話ししてみたいので、ぜひ気軽に当社にご連絡いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします」

■ プロフィール
・氏名
齋藤 浩美(さいとう ひろみ)
・所属
入社時、カスタマーサクセス本部 Business development team (Partner Success Planner)
2022年5月より、マーケティング本部に配属
・職歴
東京大学法科大学院修了後、個人事業主を経て、某外資系LegalTech企業の営業部門勤務。1回目の転職では、顔認証領域の日系ベンチャー企業にて、製品企画や広報といった業務を幅広く経験。2回目の転職として、2022年1月よりprimeNumberにジョイン。現職に至る。
・担当業務
入社時はパートナー営業(法人営業)部門に従事。
現在はマーケティング部門に配属。ウェビナーやLPのコンテンツ企画と拡充、配信用メールの企画とライティング、翻訳等を担当。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
株式会社primeNumber
データテクノロジーカンパニー。あらゆるデータが爆発的に増えていく時代に、 誰もがすばやく、簡単にデータを使える環境を構築し、データ活⽤までのプロセスを最適化。⾼度なテクノロジーと独⾃のアイデアで、世界中のビジネスを⽀援します。