見出し画像

メンバーインタビュー コーポレートコミュニケーション室 田部井健

※本記事は2020年6月9日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています

 コーポレートコミュニケーション室です。
 本日は、久しぶりとなってしまった社員紹介です。その第9弾として、我らがコーポレートコミュニケーション室をリードする田部井(たべい)さんにインタビューしました。

ーここれまでのキャリアについて聞かせてください。

 慶應義塾大学文学部史学科を卒業しまして、システムインテグレーターにSEとして就職しました。その後、同社から転職した後も、SEとしてベンチャー企業数社でWEBシステム開発に従事しました。その過程で、ベンチャー企業での社内SEやバックオフィス業務にもかかわるようになり、それ以降はいわゆる会社の管理部門にてバックオフィス・経営支援の業務をメインで担当してきました。

ーエンジニアから管理部門へのキャリアチェンジですか、、、珍しいですよね。

 まあそうですね(笑) ただ、全員がエンジニアのprimeNumberというチームにおいては、そのバックグラウンドが活かせるだろうと思えました。入社の決め手になったとも言えます。

ーはい、存分に活かされているかと笑 会社はどういった経緯でお知りになりましたか?

 社員紹介を通じて、代表の田邊さん と知り合いました。それぞれから話を聞く中で、こういったステージの企業のバックオフィス業務をやってみたかったところにお誘いを受けたこともあり、志望を固めていきました。

ーなるほど。入社前後でprimeNumberのイメージは変わりました?

 入社以前のだいぶ前から田邊さんから話は伺っていたので、会社の方向性や考え方、カルチャーや社員に求められることなどについては概ね把握できており、その点の不安はなかったです。敢えて挙げるなら、社内の個々のメンバーのことを詳しく知っていたわけではなかったので、相性などがどこまでマッチするかという点は少し気になっていました。ですが、皆さんエンジニアらしく、合理的な思考を尊重しITリテラシーも高いので、スマートにコミュニケーションが進められました。
 この「エンジニアの組織である」ということは非常にポイントでして、エンジニア同士で通じる共通言語・共通認識といわれるものが成立しているので、コミュニケーションにかかるコストや労力が少なく済んでいると感じています。これから新しい仲間を迎えるにあたっても、この利点は保っていければよいなと考えます。また、社内のコミュニケーション、各種情報はオープンなので、素養と吸収する意思のある方であれば馴染んでいけるのではないかな、と思いますね。
 日常に話を戻しますと、バックオフィス関係で社員のサポートをする場合、その方たちのリテラシーに合わせて整備対応すべきだと思うのですが、総じてメンバーのリテラシーが高いので、そういった仕事はスムーズに進められて助かっています。

ーたしかに。最近、小型ながら遂にプリンターが導入されましたが、みんなへの展開もスマートに終わってましたね。業務について、担当領域の面白いところ、難しいところについて教えてください。

 弊社の“コーポレートコミュニケーション”が意味する領域が、現状は採用や広報を中心に総務・労務と非常に幅広です。バックオフィスの仕事というと、地味である意味退屈な定型的なものという印象があるかもしれませんが、やり方次第で色々な意味での最適化を実現できる要素を含んでいます。その分、工夫や考慮のしがいがあり、面白い部分があると思います。特に、適宜その場のことを最適化することで、目の前の人や組織に対してダイレクトに貢献できたと思える時は嬉しいですね。将来を見据えながら、人や組織をあれこれ整えていくことは、色々と興味深いことが多いです。また、会社やサービスを立ち上げたばかりのステージの会社ですと、幅広く会社運営にかかわる色々なことに携われるのも、様々な学びがあり、退屈せず個人的には面白いと思います。
 難しい部分としては、未経験かつ特に不得手と認識している分野への対応でしょうか。そういった分野は、得意であったり、経験済みの分野ほど、はじめから上手くはできないものです。そういう場合は、経験者の協力を得たりして補いながら、試行錯誤をしつつ進めていきます。
いずれにせよ、拡大期の企業のバックオフィス業務というものはそういうものかと思いますので、これまでのキャリアで培った基礎的な知見をもとに、楽しみながら柔軟に対応できればと思っています。

ープロダクト開発~CSやプロジェクトラインの仕事 “以外全部” ですから、一般的なバックオフィス業務とはちょっと異なりそうですね、今のうちのコーポレートコミュニケーション室は、、、おつかれさまです!

 ありがとうございます。なので、普段の一日の過ごし方、もこんな感じです。

9:30 出社・オフィスファシリティ関係の対応
10:00 メールチェック
10:30 HR関係の対応
12:00 その時々のメンバーとランチ
13:00 社内打合せ
14:00 PR関係の対応
15:00 総務関係の対応
16:00 事務作業
18:00 HR関係の対応
18:30 退社

ー本当に幅広ですね、、、もはや哲人のそれですか笑 頭の中混乱してしまいそうですが、苦労した経験はありますか?

 入社してすぐのタイミングで処理しなければならなかったHR・PR関係のタスクでは、いくらか対応に苦慮した覚えがあります。また、オフィス移転は予定も含めてスケジュールのお尻が決まっていて、あまり悠長にしていられなかったので、走りながら把握して処理対応していった感じでした。想定外のことなどもあって、途中で「これぞベンチャー」というような場面やエピソードもありましたが、今となっては良い思い出です(笑)。ただ、「会社として成果を上げたい」、「成功させたい」というのは社内メンバー共通の思いなので、メンバーから知恵や力を借りたり情報をもらったりすることはスムーズにできました。自他共に遠慮せずにやる形で、円滑に処理できたのではないかと思っています。

ーコロナの影響で社内・外のコミュニケーションも取りづらい状況だったかと思いますが、田部井さんのキャリアとお人柄で円滑に進められたのだと思います。

 ありがとうございます。会社の好きなところでもあるのですが、皆が合理志向を持ち、奇をてらわず真っ当に物事を進めていこうという意識が根付いているので、タイミングよく協力も得られ円滑に進められました。

ーお、8 Elements ですね。

 「合理思考」は日常から実感できますが、私は「良心に問いかける」が好きですね。いかに合理性があり能力が高くとも、公正さを損なったり倫理にもとるようでは社会的な価値はどうかと思いますし、長続きもしないので大事だと思います。

ーたしかに。大事にしていきたいですね。 他の皆さんにも聞いているのですが、プライベートではどのように過ごされているのですか?

 歴史が好きなので、その探索には昔から凝っています。今は外出が難しい状況なので、インドアでの活動がほとんどですが、世の中が落ち着いたらまた歴史のある土地を訪ねる旅行などにも行きたいと思います。
 また一方では、個人的なモノの考え方として、能力や効果・効率・合理性といったことも大事ですが、「何のためのそれなのか」ということは最近特に考えるようになりました。いくら効率などが良かったとしても、目的が歪んでしまったり、目的を履き違えられたりするとよくないことは歴史を見ても明らかですので。

やはり哲人、、、8 Elementsを抜きにしても、大事なお言葉、心構えを頂戴したように感じております。そんな田部井さんのサポートを受けながら、メンバーは事業に集中できているのだと思えました。

長々とインタビュー、ありがとうございました!

データテクノロジーカンパニー。あらゆるデータが爆発的に増えていく時代に、 誰もがすばやく、簡単にデータを使える環境を構築し、データ活⽤までのプロセスを最適化。⾼度なテクノロジーと独⾃のアイデアで、世界中のビジネスを⽀援します。