マガジンのカバー画像

社外の方がprimeNumberに触れてくださった記事

26
社外の方が、primeNumberや、trocco®など弊社のサービスに触れて下さった記事をまとめています。 書いていただいてありがとうございました!
運営しているクリエイター

記事一覧

【TECHBLOG】データ分析初心者がTroccoでデータ分析基盤の構築に挑戦した話

はじめまして。C&R社 丸本です。 私は昨年よりデータ分析基盤の構築に関わらせていただいてい…

trocco を使った Box から BigQuery への冪等データ投入への道

この記事は trocco®のカレンダー | Advent Calendar 2023 - Qiita の16日目の記事として書き…

瀬戸口光宏
5か月前
11

対話型生成AIに、早くデータ活用業務を引き継ぎたい

本記事は、trocco Advent Calendar 2023に捧げます。対話型生成AIのことを考えたら、クエリ職…

阿部 昌利
6か月前
20

【01(zeroONE)2023登壇レポート】真のデータ活用を考える1日ーー株式会社キュービック

どうも!キュービックのテックリードのHarusonです。11月28日に株式会社primeNumberさんが主…

Haruson
6か月前
15

ドメイン駆動データマネジメント #1 データマネジメントのはじめ方 レポート

ドメイン駆動データマネジメント #1 データマネジメントのはじめ方 レポートtroccoでおなじみ…

「3ヶ月で名寄せ一致率が80%に」株式会社primeNumber様、イチサンインタビュー

フォーム入力時点で自動的に名寄せするためのツール「イチサンフォーム」が、2023年のサービス…

CMCアカデミー Vol.1 レポート

このnoteの目的・個々人のアウトプット(行動)を促す ・コミュニティマーケティングの実践者を増やす ・アカデミー活動の継続、発展、社会適応を図る イベントやMeetupなどで得た知見やノウハウをただ受け取って「勉強になりました」で終わらせるのではなく、自らの意見や学びを発信することでシナジーが生まれます。主催者から参加者へ、参加者からコミュニティへ、そのコミュニティの知見やノウハウで今度は主催者側に、というように「行動変容のサイクル」を生むことが重要だと考えています。またコ

troccoのフリープランができたらしいのでSnowflakeで試してみた。

分析屋の下滝です。 troccoのフリープランが最近出たようです。troccoとは、公式の説明よると…

分析屋
1年前
8

【troccoすごい】フリープランから始める法人データの自動更新(Snowflake/BigQuery to…

話題のtrocco!試したい! troccoのフリープラン提供開始は、まさしく「話題騒然」でしたね……

データの価値が生まれる場所とは

本記事は、trocco Advent Calendar 2022に捧げます。 データを取り巻く環境について、個人的…

阿部 昌利
1年前
10

【Startup Career Pitch】 HRのプロが選ぶ、有望スタートアップはココだ!②株式会社p…

あらゆるデータを、ビジネスの力に変える。西村:続いてのご登壇はprimeNumberの田邊さんにな…

“Rubyの聖地” 島根県に全国のRubyエンジニアたちが集結! ~『Ruby biz Grand prix…

「Ruby」とは、日本のソフトウェア技術者まつもとゆきひろ氏によって1995年(初版のリリースは…

クラシコムデータ基盤安定化を目指して

こんにちは。クラシコムデータ分析チームの高尾です。 11月15日(火)19時から、「北欧、暮ら…

導入だけで終わらないために...mybestが分析基盤の運用を初めてから1年が経ったので導入事例を共有します

こんにちは。マイベストでCTOをしている渡邊です。 最近は、採用・マネジメントを中心に稼働しつつ、遊撃的にいろんなことをやっていたりします。 実は、1年ほど前に、最近の取り組みとして「スプレッドシート or Redashで運用していたデータ分析をBigQueryに統合しています」みたいな記事を投稿していました。 今回は、この話を少し深掘り、分析基盤導入にあたって全社的に仕組みを浸透させていくためにどういった試みをしてきたのかを書きたいと思います。 前提mybestでは、自