マガジンのカバー画像

メンバーインタビュー

30
pNで働くメンバーのインタビュー集。 入社の経緯や現在の働き方、プライベートの過ごし方などを聞きました。
運営しているクリエイター

記事一覧

「良心に問いかける」を大切に、お客様と向き合う(メンバーインタビュー プロダクト営業 串田佑介)

■ なぜprimeNumberに転職したのか――転職しようと思ったきっかけは何ですか? 大きく分けて2つの理由があります。1つ目は、自らの力で会社や事業を成長させていく経験を積みたかったためです。2つ目は、新規顧客開拓の営業活動とそれに伴うマーケティング等の経験を積みたかったためです。 ――primeNumberの選考を受けている最中、不安だったことがあれば教えてください。 こちらも2つあります。 1つ目は、営業職の自分がエンジニアの多い会社の文化に馴染めるかどうかで

スキ
2

お客様と一緒にプロダクトを成長させる楽しさ(メンバーインタビュー ソフトウェアエンジニア 岡陽介)

■ なぜprimeNumberに転職したのか――転職しようと思ったきっかけは何ですか? 前職の同僚だった鈴木健太さんから声をかけられ、副業を始めたことがきっかけです。プロダクトの将来性とエンジニアメンバーに魅力を感じて転職を決断しました。 ――primeNumberの選考を受けている最中、不安だったことがあれば教えてください。 スタートアップで働いたことがなかったため、仕事内容や会社の雰囲気などが不安でしたが、オフィスを見学したり、色々なメンバーとお話させていただいたこ

スキ
7

primeNumberはエンジニアとして成長できる環境(メンバーインタビュー ソフトウェアエンジニア 森田北斗)

■ なぜprimeNumberに転職したのか――転職しようと思ったきっかけは何ですか? 前職で関わっていたプロジェクトが落ち着いて来たタイミングで、自分に足りない開発スキルを補うために副業を始めました。副業エージェント経由でprimeNumberを紹介していただき、MA(マーケティングオートメーション)とSFA(セールスフォースオートメーション)連携の案件で関わることになりました。 primeNumberのエンジニアは皆レベルが高く、副業で数ヶ月ほど関わる中で日々刺激を受

スキ
7

エンジニアとお客様をマッチさせるハブ役になりたい(メンバーインタビュー カスタマーサクセス 池本恵里香)

■ なぜprimeNumberに転職したのか――転職しようと思ったきっかけは何ですか? Twitterでぽろっと「ITの仕事をしている」とつぶやいたところ、CIOの山本さんに「カスタマーサクセスのポジションで募集があるけど、どう?」と声をかけていただいたのがきっかけでした。山本さんとは大学の同級生で、primeNumberのことは成長企業としてSNSで知っていたので、声をかけてもらえて嬉しかったです。 ――primeNumberの選考を受けている最中、不安だったことがあれ

スキ
3

個性を活かしつつ、先端技術に関わっていける(メンバーインタビュー マーケティングスペシャリスト 齋藤浩美)

こんにちは!primeNumber広報担当の村島です。 本日はマーケティングスペシャリスト 齋藤さんのインタビュー記事をお届けします。齋藤さんは、primeNumberを「個性を活かしつつ、先端技術に関わっていける」「自律心をもった個々人が、お互いを尊重する姿勢のもとに集まった、バランスのとれた集合体」と評価しています。 ■ なぜprimeNumberに転職したのか――転職しようと思ったきっかけは何ですか? 「個性的な同年代の仲間と楽しみながら挑戦できる環境、成長性ある

スキ
18

「これから絶対面白くなる」という直感(メンバーインタビュー パートナー営業 薬丸信也)

こんにちは!primeNumber広報担当の村島です。 本日はパートナー営業 薬丸さんのインタビュー記事をお届けします。薬丸さんは、会社のフェーズや事業領域を見て「これから絶対面白くなる」と直感し、入社を決意しています。 ■ なぜprimeNumberに転職したのか――転職しようと思ったきっかけは何ですか? 「挑戦できる環境に行きたかったのがきっかけですね。自分の裁量で施策を考案して、プロダクトと事業を成長させられるような環境に飛び込んでいくことで、大手では味わえないよ

スキ
2

非IT業界出身者にも伝わる、trocco®の魅力(メンバーインタビュー パートナー営業 生田目裕太)

こんにちは!primeNumber広報担当の村島です。 本日はパートナー営業 生田目さんのインタビュー記事をお届けします。生田目さんは非IT業界の出身です。導入実績や解約率の低さ、市場拡大といった点から弊社プロダクトのtrocco®に魅力を感じて、入社を決意しました。 ■ なぜprimeNumberに転職したのか――転職しようと思ったきっかけは何ですか? 「自分が会社に与える影響が大きな環境で働いてみたかったからです。今はその環境がモチベーションに繋がっており、メリハリ

スキ
6

プロダクトの魅力が入社の決め手に(メンバーインタビュー 経理 佐野和弥)

こんにちは!primeNumber広報担当の村島です。 本日は経理 佐野さんのインタビュー記事をお届けします。佐野さんは分析業務におけるデータ収集の苦しさを解消できるtrocco®に魅力を感じ、入社を決意しました。 ■ なぜprimeNumberに転職したのか――転職しようと思ったきっかけは何ですか? 「前職とは異なる種類のプロダクトを扱う企業で、経理の経験をしてみたかったからです。前職も社会のためになる製品を扱っていましたが、違ったプロダクトの経理をしてみたいと思いま

スキ
7

会社のビジョン『データをビジネスの力に変える』を体現したい(メンバーインタビュー ソリューションアーキテクト 岡野敦史)

こんにちは!primeNumber広報担当の村島です。 本日はソリューションアーキテクト 岡野さんのインタビュー記事をお届けします。「会社のビジョン『データをビジネスの力に変える』を体現できるソリューションアーキテクトになりたい」という、熱い思いを持っています! ■ プロフィール・氏名(ふりがな) 岡野 敦史 (おかの あつし) ・所属 ソリューション本部 ・職歴 フューチャー株式会社(プロジェクトマネージャーとして、小売業界の基幹系システムの構築とそれに伴う業務構築

スキ
3

誰かの支えとなるために「なんでもやりたい」(メンバーインタビュー 管理部門 吉村典子)

こんにちは!primeNumber広報担当の村島です。 本日は管理部門 吉村さんのインタビュー記事をお届けします。吉村さんは人事、労務、総務、経営企画、経理と幅広い業務を担当しており、まさに縁の下の力持ち。そんな吉村さんは誰かが困った時に、支えとなり、フォローするために「なんでもやりたい」という思いで、仕事に取り組んでいるそうです。 ■ 基本プロフィール・氏名 吉村 典子(よしむら のりこ) ・所属 コーポレートコミュニケーション室 ・職歴 三井生命株式会社(東京職域

スキ
6

01に挑戦の環境、毎日がわくわくの連続(メンバーインタビュー パートナー営業 下坂悟)

こんにちは!primeNumber広報担当の村島です。 本日はパートナー営業 下坂さんのインタビュー記事をお届けします。下坂さんはNTTコミュニケーションズでインド駐在等を経験した後、primeNumberに入社。現在はパートナー営業を統括するHead of Business Developmentとして活躍しています。大手通信企業からスタートアップに転職した背景には「01にチャレンジしたい」という熱い思いがありました。 経歴――これまでの経歴を教えてください。 「東京

スキ
7

toBのエンジニア向けプロダクトを扱うマーケターの試行錯誤。仕事の成果と私生活を両立させるために(メンバーインタビュー マーケティングスペシャリスト(デジタル) 功刀香奈)

こんにちは!primeNumber広報担当の村島です。 本日はマーケティングスペシャリスト(デジタル)功刀さんのインタビュー記事をお届けします。功刀さんは前職でBtoCのマーケティングを行っていましたが、primeNumberのtrocco®はBtoBの、エンジニア向けプロダクト。プロダクト理解やペルソナ設定等が難しく、試行錯誤の日々を送っているそうです。功刀さんは育児中でもあり、フレックス制を上手く活用しながら働いています! 経歴――これまでのご経歴を教えてください。

スキ
6

社交ダンス講師からカスタマーサクセスエンジニアになるまでのステップ(メンバーインタビュー CSE 松野尾 悠仁)

こんにちは!primeNumber広報担当の村島です。 本日はCSE(カスタマーサクセスエンジニア)松野尾さんのインタビュー記事をお届けします。なんと社交ダンス講師からキャリアをスタートした松野尾さん。そんな彼が、一体どうやってprimeNumberのCSEになったのでしょうか? 経歴――まずはこれまでの経歴を教えて下さい。 「一橋大学社会学部を卒業後、社交ダンス講師をしていました。その後株式会社エルテスを経て、2021年3月にprimeNumberに入社しています」

スキ
13

メンバーインタビュー デザイナー 飯田智美

――まずはこれまでの経歴を教えて下さい 「東京工科大学メディア学部メディア学科を卒業後、8年間ポストプロダクション業務に従事。その後5年間Web事業会社で、デザイナー・エンジニア見習い・プロダクトマネージャーをしていました。そして2021年2月にprimeNumberに入社しました」 ――primeNumberに入社した経緯を教えて下さい 「primeNumberを知ったきっかけは、前職の同僚だったCTO鈴木さんに副業に誘われたことです。前職からの転職を考えたタイミング

スキ
5