マガジンのカバー画像

メンバーnote

21
pNに所属するメンバーのアカウントで書かれたnoteをまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

trocco®開発ログ 2022春「Snowflakeデータマート、データカタログ他」

マネージド ETL&ワークフローサービスの trocco® を開発している primeNumber社 CTO  の鈴木です(自己紹介記事)。trocco® はデータエンジニアの方々の様々な手間を削減し、より価値ある業務に集中していただくためのプロダクトです。BigQueryなどを中心にした分析基盤構築をサポートします。 昨年、Series B の資金調達を終え、より多くのお客様に価値を提供するべく trocco® の開発を進めております。 面接の場などで「trocco® のエ

スキ
6

マーケターとデータエンジニアリング力

データ活用のために必要なデータエンジニアリング力とはマーケターが成果を出すためにデータを活用する力は必須と言えます。 その中でも本日は「データエンジニアリング力」について取り上げたいと思います。 データエンジニアリング力とは、データサイエンティスト協会が提唱するデータサイエンティストに求められるスキルセットの3つの力のうちの一つです。 1.ビジネス力  -課題背景を理解した上で、ビジネス課題を整理し、解決する力 2.データサイエンス力  -情報処理、人工知能、統計学などの情

スキ
4

データ活用の三種の神器

みえるBI、ためるDWH、つなぐtrocco®️ 本日はデータドリブンな意思決定を行うために必要な、データ活用における三種の神器について投稿いたします! マーケターにとってこの三つの中で一番身近なのでBIツールでしょうか? データを可視化して、いつでも誰でも見られるようにでき非常に便利なツールであり、導入されている企業も多いと思います。 しかし、導入したものの、「見たい指標が見られない」「表記のゆれがあってデータが正しく見られない」「一つの部署のデータしか入っておらず横

スキ
4

HERP Hireに届くエージェント・応募者からのメッセージだけが通知されるSlackチャンネルを作成した【Zapier活用術】

こんにちは!データテクノロジーカンパニーprimeNumberの広報、村島です。実は採用担当もしております。 2022年1月、採用管理システムのHERP Hire(以下HERP)を導入しました。以前の弊社はスプレッドシート・Slackのみで応募者情報を管理・やりとりしており、抜け漏れや不要な工数が発生していました。こうした状況を、HERPを入れることで劇的に改善できました。いつもありがとうございます。 慣れてくると、次はもっと良い運用ができないかと考え始めるタイミング。そ

スキ
7

業種業界未経験の私が、ITスタートアップの広報になって一年間でやったこと

こんにちは!データテクノロジーカンパニーprimeNumberの広報、村島です。 primeNumberに入社する前はIT業界も広報も未経験でした。そんなひよっこの私ですが、primeNumberの広報を立ち上げ、1年間で24件の媒体掲載を達成することが出来ました。これは私の入社前1年間に比べて、倍以上の数値です。記事を書いて下さったメディアの方々、リリースを書けるような動きを作って下さった社内のメンバーに足を向けて寝られません。 この一年間は「守破離」の守、つまり型を知

スキ
6

マーケターからみるデータ分析基盤

 はじめまして。データテクノロジーカンパニーのprimeNumberでマーケティングを担当している 功刀です! これからnoteを始めようと思い、まず自己紹介記事を作成してみました! マーケターとしての職歴◉人材業界にてtoC向けマーケティング(2年4ヶ月)  ・広告レポート/コスト差配  ・サイト改善 ○使用ツール  ・Adobe Analytics  ・Excel  ・PowerPoint   ・Word ◉データテクノロジーカンパニーでtoBマーケティング(7ヶ月)

スキ
16

文系・IT初心者の私がAWSクラウドプラクティショナー試験に合格した話

こんにちは!データテクノロジーカンパニーprimeNumberの広報、村島です。 AWS(アマゾン ウェブ サービス)といえば、IT企業にお勤めの方はご存知、クラウド御三家の一角。一方かつての私にとって、アマゾンといえばオンラインショッピング、あるいは熱帯雨林。しかしprimeNumberというIT企業に入社したからには、AWSの基礎知識くらいは身につけた方が良いのでは……?そこでAWSの登竜門、クラウドプラクティショナー試験を受け、無事に合格しました。 今回は「文系・I

スキ
10

trocco®開発者が、開発の面白さを紹介します

はじめまして。primeNumber CTOの @kekekenta (インタビュー記事)です。 今回は、primeNumber社が提供するマネージド ETL&ワークフローサービス trocco® の開発者として、開発の面白さを紹介します。 この記事を読んで trocco® やその開発に少しでも興味を持っていただければ幸いです。 trocco® をご存知無い方も多いと思いますので、はじめに簡単にプロダクトの紹介をいたします。 trocco® とは?trocco®公式サ

スキ
9

弊社フルリモートエンジニア第1号として、3ヶ月働いて得たTIPS

はじめにこんにちは。primeNumberでエンジニアをしています、伊藤です。 会社のインタビュー記事で軽く触れているのですが、私個人として長野県に移住したいという希望があり、今年の3月についに引っ越し、弊社で第1号のフルリモートでの社員となりました。 この6月で丸3ヶ月経つのですが、その間にフルリモートでの業務をスムーズに行うために実施したTIPSを共有します。 iPad + Google Meet によるリモート出社現在(2021年06月時点)の他のメンバーの社内ルール

スキ
7

カヤック×クラシコム×primeNumber3社でSRE合同勉強会を開催しました。

こんにちは!primeNumberでエンジニア兼カスタマーサクセスを担当しております百々と申します! 5/14にカヤック×クラシコム×primeNumberの3社でSRE合同勉強会を開催いたしました。本日はその模様をお伝えできればと思います! 3社合同勉強会について今回、「合同勉強会を通してエンジニア同士が仲良くなろう」をコンセプトとして3社合同勉強会が設定されました。第1回目のテーマとしては「SRE」という職種にフォーカスをあてました。SREは企業内で少ない職種であり、

スキ
14

#SXSW Pitchレポート(2019 その5 / Health and Wearable)

医療やヘルスケア分野のデバイス・サービスが登場する会です。 BOOST BIOMES マイクロバイオーム(細菌などの微生物)をデザインし、農業等への応用を目指すベンチャー企業。農作物は菌の被害等で多くが廃棄対象となってしまっており、膨大なフードロスが発生してしまっている現状があるそうです。彼らは統計的アプローチにより農作物の保存における細菌の影響を解明し、食品を長持ちさせることができるとしています。 CRISPR(=ゲノム編集)とは違うのか?という質問が出ていましたが、遺

スキ
2

#SXSW 2019視察レポート その4(3/12)

滞在最終日。回りきれていない所、特に体験型の展示を重視して見に行こうという方針を決め、会場へ。 facebookグループ等で、Googleが食をテーマにしたパビリオンを開くという情報が入ってきたので向かいます。上記で一度あきらめたBOSEの会場からも近かったので。 行列はありましたが10分ほどで中に入ることができました。前に並んでいた日本企業(の現地法人勤務)の方と色々と雑談&情報交換。CESにも過去視察にいったことのある方で、SXSWとの違いについてなど聞けてよかった。

スキ
1

#SXSW Pitchレポート(2019 その4 / Entertainment and Content)

Pitchレポート第四弾、今回はEntertainment and Content部門です。全体のレポートは別記事にしているのでそちらもどうぞ。 acciyo 日々の情報収集を簡単にするWebアプリケーション、というかChrome拡張機能です。我々は様々なメディアのニュース記事に日々接触しますが、それぞれの記事は当然ある事象の一断片を切り取って記述されています。その背景にあるストーリー/文脈を理解するためにはさらに能動的に検索等を行って情報を収集していかなくてはならず、たく

スキ
4

#SXSW 2019視察レポート その3(3/11 BIRD CEOセッション, Innovation Awardsなど)

以下記事の続きです。3/11はInteractive Innovation Awardsの受賞セレモニーが夜に控えており、Interactive部門の参加者にとっては最もホットな日と言えるのではないでしょうか。 3日目(3/11)ようやくイベントにも慣れてきたかなという頃合いで、この日もLyftのライドシェア(乗り合い)を使って会場へ。 コンベンションセンターすぐとなりに構えるSAPハウスで、画像認識技術を応用したスポーツゲームの体験に並び寝起きの体を動かします。SAPのビ

スキ
4