メンバーインタビュー エンジニア 廣瀬大地
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

メンバーインタビュー エンジニア 廣瀬大地

――まずは簡単な自己紹介をお願いします。

「会津大学を卒業して、10年間ウェブエンジニアをやってきました。前職ではワークフローエンジンの運用(Python)や広告の管理画面(Ruby on Rails)、広告配信システム(Golang)の開発に取り組んできました(※1)。使用インフラはAWSでした。そして2021年2月にprimeNumberに入社しました」

――転職の経緯をお話いただけますか?

「primeNumberを知ったきっかけは、前職でtrocco®の営業があったことです。転職前にまずはprimeNumberで副業を開始。社内の雰囲気が良いこと、自分のスキルセットで会社に貢献できることを感じ、入社を決めました。副業とTG(※2)に参加していたので、不安は特になく入社できました。入社前後のギャップも少なかったです。副業の内容や、転職経緯の詳細は、以前のインタビュー記事を読んでいただくと良いと思います」

――副業をしてprimeNumberのことを理解されていたので、安心感を持ってのご入社だったんですね。次に会社について伺います。会社の特徴は何だと思いますか?

「一人ひとりの裁量が大きく、若いメンバーでも大きな仕事を任せてくれる所です。例えば新卒1年目の上原さんは、データリネージ機能の初期リリースを1人でやり切っています。インターンの藤田さんも、正社員じゃないのに社員より仕事してるのでは……とさえ思います笑 2人ともすごいです。また、みんな自社のプロダクトが大好きな所も特徴です。エンジニアと非エンジニアの間に変な壁もなく、1つのチームとして機能しています」

――会社の好きな所はどこですか?

「みんな自身の作っているプロダクトが好きで、常にどうなったら良くなるか考えている所です。これは、8 Elementsの『プロダクトを信じる』にも繋がります。trocco®はすごく便利なサービスで、僕も好きです」

――あふれるtrocco®愛をありがとうございます。生みの親の小林さんもきっと喜ばれると思います!次に業務について伺います。具体的なスケジュールも合わせて教えてください。

09:00 チームの朝会
10:00 プルリクエスト(※3)のレビュー
12:00 ランチ
18:30 業務終了(中断)
20:30 子供が寝た後、キリが悪かった場合働く

「trocco®の開発を行っています。緊急事態宣言下ではフルリモート、かつ定例も少ないので、もくもく開発しています」

――業務の面白い部分、難しい部分を教えて下さい

「面白い部分は、お客さまからのフィードバックがちゃんと貰える所です。toBのプロダクトならではだと思います。お客さまの反応が良いとうれしいです。難しい部分は、データ転送のUIを簡単に使えるように作る所です。データの転送先/元の仕様が複雑だと、UIも複雑になりがちですが、できるだけシンプルにしています」

――一番大変だった仕事はなんですか?

「初めてEmbulk(※4) のプラグインを書いたことです。Javaを業務で使うのがほぼ初めてで、データ取得対象のAPIの仕様もしっかりしておらずちゃんとしたドキュメントがなかったので大変でした。『APIを外部公開する場合は、仕様をきちんと策定し公開しよう』という学びがありました」

――お客様や仲間との忘れられないエピソードはありますか?

「まだないです。これから作っていきたいですね!」

――これから挑戦してみたい仕事は何ですか?

「primeNumberでは今まで触ったことのない技術も採用されているので、幅広く関わっていきたいです。直近だと上原さんがリリースしたデータリネージとか楽しそうですね」

――今はどんなことに力を入れていますか?

「Kubernetes(※5) の勉強です。 Certified Kubernetes Application Developer (CKAD) 試験を受けようと思っています。引き続きWebアプリケーションエンジニアとしてのキャリアを継続しつつ、Kubernetesをはじめとしたインフラ周りの知識・技術力を強化していきたいです」

――最後にプライベートのことを教えてください!

「コロナなので、休日は子どもと常に一緒にいます。太ってきたので、最近は会社の有志でプランクチャレンジをしています」

――プランクチャレンジ、知りませんでした。私も孤独にプランクしていることが多いので誘って欲しいです!最後に、個人として大切にしている事・考え方はありますか?

「できるだけ謙虚でいれるよう、心がけています」

――ありがとうございました!
次はデザイナー 飯田さんのインタビューです。お楽しみに!

※1 括弧内は使用言語・フレームワーク
※2 「Thank God It’s Friday」の略。金曜日に、仕事が終わり、週末が来たことを喜ぶ時に使うスラング。primeNumberでは毎月末金曜日に、TG懇親会を開いています(コロナ禍では自粛しております)
※3 コードを追加・修正した際、他の開発者にレビューと本体への反映を依頼する機能
※4 オープンソースのデータローダ
※5 オープンソースのプラットフォームシステム

データテクノロジーカンパニー。あらゆるデータが爆発的に増えていく時代に、 誰もがすばやく、簡単にデータを使える環境を構築し、データ活⽤までのプロセスを最適化。⾼度なテクノロジーと独⾃のアイデアで、世界中のビジネスを⽀援します。