株式会社primeNumber

「あらゆるデータを、ビジネスの力に変える」 をビジョンに掲げ、「TROCCO®」や「C…

株式会社primeNumber

「あらゆるデータを、ビジネスの力に変える」 をビジョンに掲げ、「TROCCO®」や「COMETA」といったSaaSや、データテクノロジー領域の課題解決を実現するコンサルティング・エンジニアリングサービスを提供しています。https://primenumber.co.jp/

リンク

マガジン

  • 社外の方がprimeNumberに触れてくださった記事

    社外の方が、primeNumberや、trocco®など弊社のサービスに触れて下さった記事をまとめています。 書いていただいてありがとうございました!

  • セールス・マーケ・カスタマーサクセスの記事

    primeNumberのセールス、マーケティング、カスタマーサクセス(CS)に関連する記事です。

  • 入社エントリ

    primeNumberメンバーの入社エントリです。

  • カルチャー

    primeNumberのカルチャーが分かる記事です。

  • 事業

    primeNumberの事業が分かる記事です。

社外の方がprimeNumberに触れてくださった記事

社外の方が、primeNumberや、trocco®など弊社のサービスに触れて下さった記事をまとめています。 書いていただいてありがとうございました!

くわしく見る
  • 26本

【TECHBLOG】データ分析初心者がTroccoでデータ分析基盤の構築に挑戦した話

はじめまして。C&R社 丸本です。 私は昨年よりデータ分析基盤の構築に関わらせていただいています。 今回はTECHBLOGの回として、開発で使用させていただいている「Trocco」というETLツールの機能や使用感についてお話します。 TroccoについてTroccoとは…? TroccoはETL/データ転送をはじめとした分析基盤の構築と運用を支援してくれるSaaSです。非常に簡易かつ迅速に処理を組めることが最大の特徴で、データ転送のパイプラインが数分程度で構築可能です。

スキ
22

trocco を使った Box から BigQuery への冪等データ投入への道

この記事は trocco®のカレンダー | Advent Calendar 2023 - Qiita の16日目の記事として書きました。 僕が今働いている会社では、お客様である病院から月々の診療行為などに関するデータをお預かりし、その分析を元に経営コンサルティングをするという事業を行っています。 このデータは Shift_JIS の CSV ファイルでいくつかの種類があるのですが、ひと月分のサイズは小さい病院の場合は数KBなのですが大きい病院の場合だと350MBを超えること

スキ
11

対話型生成AIに、早くデータ活用業務を引き継ぎたい

本記事は、trocco Advent Calendar 2023に捧げます。対話型生成AIのことを考えたら、クエリ職人としてのキャリアを振り返る記事になりました。 * * * 僕はSQLのクエリを書くのが早い。 2014年からBigQueryを触り始め、ずっと付き合ってきた。そして良くも悪くも、現場でクエリを叩くキャリアを歩み続けている。おかげでクエリを書く筋肉が発達した。ミーティングしながら画面共有でクエリを書くこともしばしばだ。 僕は幼い頃、公文式を習い筆算マシー

スキ
20

【01(zeroONE)2023登壇レポート】真のデータ活用を考える1日ーー株式会社キュービック

どうも!キュービックのテックリードのHarusonです。11月28日に株式会社primeNumberさんが主催するデータ活用に関してのイベント「01(zeroONE)2023」にSpeakerとして登壇した時のレポートをお届けします。記念すべきnote初投稿です。 今回のイベント全体のテーマは「真のデータ活用を考える1日」でした。 登壇の概要というタイトルでアマゾンウェブサービスジャパン合同会社さん(以下AWSさん)、primeNumberさん、キュービックの3社合同セ

スキ
15

セールス・マーケ・カスタマーサクセスの記事

primeNumberのセールス、マーケティング、カスタマーサクセス(CS)に関連する記事です。

くわしく見る
  • 28本

失敗からの成長:IT未経験からのインサイドセールスマネジャーへの軌跡

タイトルはChatGPTにつけてもらいました笑 複数候補挙げてもらったのですが、この内容に一番しっくりくると思います笑 導入はじめまして。インサイドセールスのマネジャー森岡です。 格好いい話ができればいいのですが、色々失敗を重ねてきて今があると思うので、しくじり先生的に私のキャリア変遷を語り、価値観、学び等をご共有させて頂きます。そんな私のチームでご一緒頂ける方に向けた入社エントリーとさせて頂ければと思います。 簡単な職歴・ローム株式会社 法人ルート営業5年 ・株式会社リ

スキ
23

社会人10年目のキャリア奮闘記~新卒銀行員だった私がテック企業でインサイドセールスになった理由~

はじめまして。primeNumberでインサイドセールス(以下IS)を担当している太田です。 早いもので昨年11月に弊社にJOINしてから約6か月が経過しました。今回は私の今までのキャリアの振り返りと、丁度上半期を終えて自身がprimeNumberで経験した事、感じた事を入社エントリーとして残すことにしました! 主に下記の様な方には一つのご参考になるかと思います。 ・異業種からIT業界への転職を考えている方 ・primeNumberの文化、特色を知りたい方 ・IS業務に興味

スキ
47

EMカジュアル面談に密着 〜ビジネスとプロダクト開発組織が互いにリスペクトする関係性〜

primeNumberのCTO 鈴木です。 今回は、カジュアル面談で「primeNumberがビジネス側と開発側が同じ方向を向き、顧客に対して価値を返す組織」であることを候補者に説明した内容を紹介したいと思います。 カジュアル面談希望者の秋田さんとは、trocco®のプロダクト開発のチームとは一度面談を実施させていただきました。ビジネス側のメンバーともぜひ話してみたいとのことで、プロダクト開発のチームと特に関わりがありそうなメンバーに声をかけて面談を実施したことが背景です

スキ
13

#CMC_Meetup vol.31「コミュニティの主体がCSからマーケに変わって気づいた良さの違い」というタイトルでLT登壇しました

みなさんこんにちは、troccoUGのコミュニティマネージャーのたいがーです🐯 先日行われたCMC_Meetup Vol.31 事業に貢献する「CS」視点からのコミュニティマーケティングでLT登壇させていただきました。 今回はCS視点ということで、カスタマーサクセス(以下、CS)の運営から始まり、現在はマーケティング本部の運営になった話をさせていただきました。 本編では余裕でオーバーランして、運営の野北さんに何度もベルを鳴らされたので、テキストでは余裕を持って語り尽くした

スキ
21

入社エントリ

primeNumberメンバーの入社エントリです。

くわしく見る
  • 46本

失敗からの成長:IT未経験からのインサイドセールスマネジャーへの軌跡

タイトルはChatGPTにつけてもらいました笑 複数候補挙げてもらったのですが、この内容に一番しっくりくると思います笑 導入はじめまして。インサイドセールスのマネジャー森岡です。 格好いい話ができればいいのですが、色々失敗を重ねてきて今があると思うので、しくじり先生的に私のキャリア変遷を語り、価値観、学び等をご共有させて頂きます。そんな私のチームでご一緒頂ける方に向けた入社エントリーとさせて頂ければと思います。 簡単な職歴・ローム株式会社 法人ルート営業5年 ・株式会社リ

スキ
23

社会人10年目のキャリア奮闘記~新卒銀行員だった私がテック企業でインサイドセールスになった理由~

はじめまして。primeNumberでインサイドセールス(以下IS)を担当している太田です。 早いもので昨年11月に弊社にJOINしてから約6か月が経過しました。今回は私の今までのキャリアの振り返りと、丁度上半期を終えて自身がprimeNumberで経験した事、感じた事を入社エントリーとして残すことにしました! 主に下記の様な方には一つのご参考になるかと思います。 ・異業種からIT業界への転職を考えている方 ・primeNumberの文化、特色を知りたい方 ・IS業務に興味

スキ
47

【入社エントリ】入社3ヶ月で2人目メンバーとして、チームのバリューとミッションを作った話

はじめまして!株式会社primeNumberCS本部、テクニカルサポートエンジニアの木村です。 2024年1月に入社してから3ヶ月が経ちオンボーディング期間が終わったタイミングでチーム2人目メンバーとして何をしてきたのか、これからどんなことをしていきたいのかお伝えできたらいいなと思い入社エントリとして書いてみました。 primeNumberに転職した理由まず経歴を 新卒で外資系の航空会社に就職、小学生の頃からの夢だった客室乗務員として5年間乗務しておりました。 お客様と接

スキ
40

キャリアの考え方

はじめにこんにちは!株式会社primeNumberの人事企画を担当している中澤です! 2023年12月に入社し、新しい環境にも少し慣れて楽しく働いているところです。人事の仕事をしていると、思っている何倍も[キャリア]について悩んでいる人が多いなぁ…と感じることが多くて、わたしの転職背景を伝えることで転職を考えている人が少しでも良い[キャリア]を選択できるキッカケになったらと思い、[キャリア]の考え方をつらつらと書いてみることにしました。 自己紹介わたしは2012年に法政大学

スキ
30

事業

primeNumberの事業が分かる記事です。

くわしく見る
  • 17本

変革への追い風を生み出す:ブランドアイデンティティの再構築

本日、primeNumberの主要サービスTROCCO®のロゴ変更が発表されました。私は同社にてUI・UXデザインとデザインマネージメントに携わっており、この度のロゴ変更についても担当させていただきました。今回はロゴ変更を検討されている方々に向けて、過去に関わった数社のロゴ変更における影響の考察を記したいと思います。 ロゴ変更の最大の利点は「新しい風の創出」 新しいロゴへの変更は、社内外に新たな活気をもたらす点が大きな利点です。企業が成長を続けるための追い風となり、社外に

スキ
35

【イベントレポート】 #troccoUG イベントを初めて関西で開催しました

みなさんこんにちは、たいがーです🐯 先日3/8にtroccoUGとして初の関西での開催である「大阪第一号 troccoUG in 関西」に運営として参加してきました。 troccoUG初の関西開催2024年1月までに、troccoUGイベントは6回開催されていました。これらは全て東京の弊社オフィスで実施され、各回30名ほどの方にお越しいただいています。 軽く社内の事情(?)的なお話をすると、4回目までのtroccoUGはカスタマーサクセスのチームが主体として運営していまし

スキ
21

trocco®アドベントカレンダー 2022年版をダイジェストで振り返ります

こんにちは、primeNumberです。12月になりました。12月といえばクリスマス、クリスマスといえばアドベントカレンダーですよね! 改めて説明すると、アドベントカレンダーとは、クリスマスまでの日にちをカウントダウンするためのカレンダーのこと。 普通のカレンダーとは違い、日付ごとに箱やポケットがついていて、お菓子やおもちゃを入れられます。クリスマスまで毎日ひとつずつ開けていく、楽しいカレンダーなんです。 IT業界では、アドベントカレンダーにちなんだイベントが毎年開催さ

スキ
16

低い学習コストで、素早く安全、長期的なデータ活用を支援する!trocco®のプロダクトビジョンを改めて策定しました

こんにちは。primeNumberでプロダクトマネージャーをしている廣瀬(@satoshihirose)です。 この度、弊社で開発しているSaaSプロダクトであるtrocco®について、改めてプロダクトビジョンを策定しました。 trocco®はどういうプロダクトなのか、どういう思いで開発しているのかを是非みなさんに知ってもらって、(今後も引き続き)trocco®を使ってもらえるようにしていきたいと思うので、策定の背景とそのプロダクトビジョンをご紹介させてください。 プロダク

スキ
26

カルチャー

primeNumberのカルチャーが分かる記事です。

くわしく見る
  • 24本

EMカジュアル面談に密着 〜ビジネスとプロダクト開発組織が互いにリスペクトする関係性〜

primeNumberのCTO 鈴木です。 今回は、カジュアル面談で「primeNumberがビジネス側と開発側が同じ方向を向き、顧客に対して価値を返す組織」であることを候補者に説明した内容を紹介したいと思います。 カジュアル面談希望者の秋田さんとは、trocco®のプロダクト開発のチームとは一度面談を実施させていただきました。ビジネス側のメンバーともぜひ話してみたいとのことで、プロダクト開発のチームと特に関わりがありそうなメンバーに声をかけて面談を実施したことが背景です

スキ
13

CEOに聞いてみた「8 Elementsの根底にある想いとは」

こんにちは!primeNumberです。このブログにも度々登場している「8 Elements」。その名の通り8つの要素からなる私たちのバリューで、それぞれが持つ意味については、過去の記事でも紹介をしてきました。 今回の記事では、そもそも8 Elementsはなぜ生まれたのか、そしてその根底にはどんな想いがあるのかについて、CEOの田邊雄樹の言葉を交えながらご紹介したいと思います。 8 Elementsが生まれた背景とは8 Elementsは、primeNumberの基盤

スキ
13

低い学習コストで、素早く安全、長期的なデータ活用を支援する!trocco®のプロダクトビジョンを改めて策定しました

こんにちは。primeNumberでプロダクトマネージャーをしている廣瀬(@satoshihirose)です。 この度、弊社で開発しているSaaSプロダクトであるtrocco®について、改めてプロダクトビジョンを策定しました。 trocco®はどういうプロダクトなのか、どういう思いで開発しているのかを是非みなさんに知ってもらって、(今後も引き続き)trocco®を使ってもらえるようにしていきたいと思うので、策定の背景とそのプロダクトビジョンをご紹介させてください。 プロダク

スキ
26

横浜市立大の学生がprimeNumberのインターンシップで学んだ、データ分析において大切なこと

primeNumberは横浜市立大学と連携協定を結んでおり、学生の皆さまにPBL実習、いわゆるインターンシップ*を提供してきました。 今年も3週間におよぶ実習を行いました。今回は参加した学生のお二人に、その様子をまとめていただきます!お二人が実習で気付いた、データ分析のポイントとはいったい何なのでしょうか?ぜひご覧ください。 ***** 横浜市立大学からprimeNumberのソリューション本部にインターンシップとして参加したデータサイエンス学部3年生の藤本と岡本です。

スキ
25